にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 何気ない風景をドラマチックに

何気ない風景をドラマチックに

しまなみの素朴な風景

継ぎ獅子 

今治地方に伝わる、「継ぎ獅子」は、人の上に人が立って獅子頭をかぶり獅子を舞うという、全国的にも例を見ない特徴のある獅子舞です。

伊勢の代々神楽は、大人の肩の上に獅子頭をかぶったもう一人の大人があがり、扇や剣を持って舞う「二継ぎの獅子舞」です。この「代々神楽」にヒントを得て、“わたしたちの氏神様にもこの獅子舞を奉納し、お喜びいただきたい”ということから、継ぎ獅子が始められたと言われています。

わたしたちの遠いご先祖様は、“神様は天においでて、わたしたちの生活を見ておいでる。そしてお守りいただいている”と考えていました。この事から、伊勢の代々神楽をさらに発展させ「少しでも神様に近づきたい!」という気持ちから、だんだんと上へ上へと、高く高く継いでいく「三継ぎ獅子」「四継ぎ獅子」「五継ぎ獅子」へと発展させていったのでした。以前には「六継ぎ獅子」も見られました。

「三継ぎ獅子」は、大人の肩の上にもう一人の大人が立ち、さらにその頂点に獅子頭をかぶった「獅子児」と呼ばれる子供があがります。そして、この「獅子児」が、扇や鈴を持って勇壮に舞を舞うのです。この「獅子児」は、村を継いで行く村の宝であります。継ぎ獅子は、“この村の宝を村人が一致協力して下からささえていく。守っていく。”という姿をあらわしています。

 

        二継ぎの獅子舞

20170805_おんまく_263

 

20170805_おんまく_249

 

       三継ぎ獅子

20170805_おんまく_283

 

20170805_おんまく_280

 

 

      四継ぎ獅子

20170805_おんまく_240

スポンサーサイト
CM: 1
TB: 0

ただいまお化粧中 

 

きりっとね

20170805_おんまく_082

ほぼ完成

20170805_おんまく_083

 

演技の様子 獅子の下で大人が足首をつかんでいるのでしょうか?

20170805_おんまく_186

 

アップで見る

20170805_おんまく_124

 

演技が終わっても手が固まってる

もうリラックスしてもいいよ(^-^)

20170805_おんまく_215

CM: 2
TB: 0

▲Page top